趣味資格!鉛筆デッサン資格情報サイト

デッサンとイラストの基礎知識

 

デッサンとは

デッサンとは、鉛筆などで描いた絵を描くことです。

 

絵を描く際には観察することが大切

絵を描くことは10%、対象物を観察することは90%と言われています。

 

写実的な絵を描く

パースや陰影の付き方を理解してデッサンすることによって写実的な絵を描くことができる。

 

 

デッサンとは、鉛筆などで描いた絵を描くことです。学校の美術の授業でも基本として、人物や自分の手、リンゴなどをモチーフにデッサンのやり方を教えてもらったことがあるのではないでしょうか?

 

対象物を観察して鉛筆デッサンしたり、イラストを描いていくのは難しく感じるかもしれませんが、デッサンの書き方を練習していくことが、上達する近道で基礎知識なのです。

 

まず、デッサンに必要な道具は、紙と鉛筆と対象物だけですので、早速趣味として鉛筆デッサンを始めてみましょう。

 

鉛筆にHやHBの文字がありますが、これは芯の硬さを示します。Fを中心としてHにいくほど芯が硬くなって灰色がでます。Bにいくほど柔らかくなり、色が黒くなるのです。そして、鉛筆は鉛筆削りではなく、カッターで削ります。そうしないと、自分にとって良い感じの形状に鉛筆の芯が露出できないからです。

 

鉛筆を削るとどんどん短くなるので、鉛筆ホルダーを使用すると良いかもしれません。また、デッサンをする時に使用する画用紙は、一般的にM画用紙と呼ばれる画用紙がおススメです。表面の質感が良く、デザインを練習するには適しているからです。

 

気軽にデッサンを練習したい場合は、スケッチブックでも大丈夫です。また、消しゴムはプラスチックの消しゴムではなくて、ねり消しを準備します。5個で1,000円位で売られています。

 

そして、絵を描く際には観察することが大切です。絵を描くことは10%、対象物を観察することは90%と言われています。観察する目を養うことで構成を理解することができますし、自分の描いた絵を客観的に見ることができるようになるので、よく観察します。

 

そして、対象物は簡単な形に分解して考えることができます。ですから、最初は球体をデッサンしてみましょう。正円になっているか気を付けて形をとっていきます。

 

それから、球体の濃淡や影を色を塗っていくのです。円のデッサンができたら、立方体をデッサンしてみましょう。パースと言われる、2点透視図法の練習になるのです。

 

立方体の3面が見える位置から図り棒で辺の角度を測っていきます。このように、パースや陰影の付き方を理解してデッサンすることによって写実的な絵を描くことができるのです。

 

空間的な意識をして画面の中に物が存在するように描くことにより絵の説得力が変わってきます。

 

このように何度もデッサンを練習していくならば、鉛筆デッサン力を高めることができ、イラストも上手に描けるようになるのです。

 

デッサンが上達するのに必要なこと

デッサンが上達するため

模写することが早道です。好きなアーティストなどの作品を真似てみたりします。

 

デッサンするには必要な知識

筋肉の流れを意識したデッサンの絵は、高い評価を受けている傾向がありますので、リアルな絵をデッサンするには必要な知識ということになります。

 

色彩学や構図の知識も必要

描く人物のサイズや場所の構図を変えたり、色を変えたりすることで印象が変わってきます。

 

デッサンが最初から上手に描ける人は本当に稀です。最初から上手に鉛筆デッサンしようとしても描けないのが普通ですから、楽しみながらデッサンしたほうが上達します。

 

ですから、まず描いてみることです。できれば毎日、そして思いついた時にでもやってみるのです。そう思えば気が楽になります。

 

そして、デッサンが上達するためには、模写することが早道です。好きなアーティストなどの作品を真似てみたりします。また、気に入った写真などを集めてスクラップブックを作ったら、それを良く観察して、デッサンの参考にします。

 

自分でデッサンしてみて、どんどん満足度を上げていくことによって自分に自信がついていきスキルアップします。少しずつデッサンが上手になってきたら、自分の知人にデッサンを見てもらうことも大切です。その人の意見が参考にり、さらに上達することもあるのです。

 

そして、ある程度実力が自分でついてきたと感じたら、SNSなどで公表してみることも良いでしょう。いろんな人に見てもらうことによって、たくさんの意見を聞くことができます。その意見は、成長する糧となるのです。

 

そして、デッサンが上達するのに必要なことはデッサンの知識です。そのデッサンの知識の一つ目としては、解剖学です。人体は複雑で、大腿は主要な筋肉だけでも大殿筋、中殿筋、大腿直筋、大腿二頭筋、外側広筋などがあるほどです。

 

筋肉の流れを意識したデッサンの絵は、高い評価を受けている傾向がありますので、リアルな絵をデッサンするには必要な知識ということになります。

 

そして、人体の関節部分は多いので、人体は複雑に思いがちですが、構造を覚えてしまうと、簡単に描けるようになります。このように、人体をデッサンするのが苦手の人も多いですが、苦手な部分をデッサンできるようになればイラストもどんどん上達していきます。

 

また、色彩学や構図の知識も必要です。描く人物のサイズや場所の構図を変えたり、色を変えたりすることで印象が変わってきます。

 

このように、何度も練習することで上達し、スキルアップしていくのです。

 

イラスト上達のきっかけに資格を学ぶ

もっと上手くイラストを書けるようになりたいと思うことがあるかもしれません。目の前にある物を自由にイラストで書いたり、頭の中に描いたイメージを短い時間で絵にする技術が身につくなら、とても役立ちます。

 

例えば、鉛筆デッサンを趣味にしている方であれば、イラストを書く技術が向上すれば、見る人が喜ぶより繊細な作品を描けるようになり、趣味の幅が広がってゆきます。そして、趣味の幅が広がるにつれて、人とのつながりも広がってゆくかもしれません。

 

イラストが上達することにより、趣味をこえて仕事で役立てられるという方もいます。イラストにする能力が必要とされている仕事はたくさんあります。

 

インテリアやファッション関係のお仕事をされている方、イラスト作りやアニメ制作に携わっておられる方は実際の実務の中で新作のイメージを絵にしてみたり、思いついたアイデアをメモにイラストとして書き取ったり、まさに実務の中でイラストを書く機会があります。

 

建築業界や、アパレル業界においても、イラストを仕事で用いる機会があることでしょう。こうした方々の中には、趣味の充実や実務でのスキルアップという観点から、資格取得に向けての勉強をする方もいらっしゃることでしょう。

 

これはなかなか良い方法です。資格取得という大きな目標ができると、取り組み方が前向きになります。受験日や講座の受講期間などが決まっていれば、それに合わせて、今の時期、一日の間にどれ位勉強すべきか、どの時期までにどこまで終えるべきか、自分なりの里程標を定めて取り組むことができます。

 

どうせ同じ分野について勉強をしなければならないのなら、勉強をして尚、資格が取得できるなら、より満足感や達成感が得られると考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

また、資格取得に向けて勉強するなら、脱線してあまり重要ではない部分の勉強にいたずらに時間をかけてしまうことは基本的にはありません。技術を取得するにも我流で取得してしまい、後で修正が必要になってしまうということも避けられます。

 

本当に重要な部分をある程度系統立てて学ぶことができますので有益です。こうした理由から、イラストの分野でも上達のきっかけに資格を学ぶことは役立つでしょう。

 

鉛筆デッサンスキルを高める方法

鉛筆デッサンは、線と面で作っていきますが、鉛筆デッサンスキルを高める方法として何よりも大切なのは、鉛筆デッサンを描き続けることです。

 

そして、人間は失敗を避ける傾向がありますが、失敗ではなくて、自分が建設的な考えを思いめぐらすためのプロセスを培うことです。

 

そして、鉛筆デッサンで描いていく上でモチベーションというものが大切です。例えば、自分の作品をコンテストに出品することや、特定の描きたい風景を描いてみる、何日までに鉛筆デッサンを描き終えられるか、何品、仕上げられるかといったモチベーションを保つことです。

 

そうすることによって鉛筆デッサンスキルを高めることができるのです。そして、何よりデッサンを楽しむことが、鉛筆デッサンスキルを高める方法です。最初はイラスト系からデッサンしても良いので、鉛筆デッサンを楽しむことが大切です。

 

そして、イラストは直線よりも曲線の方が多いですから、円を描けるように練習してみましょう、最初は小さい円で練習をしていき、慣れてきたら少しずつ大きな円を描いていきます。また、イラストは直線よりも曲線の方が多いですから、円を描けるように練習します。まず、小さい円で練習をしていき、慣れてきたら少しずつ大きな円を描いていきます。

 

そして、空間的な絵をデッサンするには、「パース」や「遠近法」、「陰影」ということを意識することによりデッサンが上達していき、鉛筆デッサンスキルが高まります。

 

さらに、「一点透視図法」や「二・三点透視図法」という理解も深めていくことも大切です。対象物の周りを取り囲んでいる空間を意識することにより、デッサンが上達していることを実感していくことでしょう。

 

また、絵画教室や専門学校に通うことも鉛筆デッサンスキルを高める方法です。自分という枠の中でいるよりも、教室や学校に通うことによって沢山の刺激を受けることができるのです。

 

通信講座によっても一定の基準の実力を養い、スキルアップすることができますので、おススメです。

 

イラストが上達することにより、趣味をこえて仕事で役立てられるという方もいます。イラストにする能力が必要とされている仕事はたくさんあります。

要点を紹介するキャラクター

 

イラストの趣味に役立つ資格ランキング

鉛筆デッサンマスター

鉛筆デッサンマスターの特徴

鉛筆デッサンマスター資格について認定するのは、日本デザインプランナー協会(JDP)という機關です。この鉛筆デッサンマスター認定試験は、デッサン技術やデッサンの理論を理解して色々な対象を描く技法をマスターした人を認定するための試験です。

総合評価 評価4.5
使いやすさ 評価4.5
掲載情報量 評価4.5
鉛筆デッサンマスターの総評
  • デッサン技術やデッサンの理論を理解
  • 色々な対象を描く技法をマスター
  • 「諒設計アーキテクトラーニング」は、この鉛筆デッサンマスターになるための資格取得通信講座を実施
公式サイトへ

 

画像名を入力

絵画インストラクターの特徴

絵画インストラクターの資格について認定するのは、日本インストラクター技術協会です。絵画インストラクターとは、スケッチ、デッサンに関する様々な技法、そして各種類の道具の的確な使用方法などの、技巧や専門的知識を持つ人が認定される資格のことです。

総合評価 評価4
使いやすさ 評価4
掲載情報量 評価4
絵画インストラクターの総評
  • スケッチ、デッサンに関する様々な技法
  • 各種類の道具の的確な使用方法
  • 通信教育・通信講座のSARAスクールジャパンでは、デッサンアートの基本コース、プラチナコースを準備
公式サイトへ
1位:鉛筆デッサンマスター

鉛筆デッサンマスター資格について認定するのは、日本デザインプランナー協会(JDP)という機關です。

 

この鉛筆デッサンマスター認定試験は、デッサン技術やデッサンの理論を理解して色々な対象を描く技法をマスターした人を認定するための試験です。

 

「諒設計アーキテクトラーニング」は、この鉛筆デッサンマスターになるための資格取得通信講座を実施しています。

 

わずか2ヶ月で、しかも自宅で鉛筆デッサンマスター資格と日本インストラクター技術協会(JIA)が主催する絵画インストラクターの資格を取得することが可能となっています。

 

しかも、この講座は日本デザインプランナー協会、日本インストラクター技術協会より、それぞれ指定講座として認められていますので、試験免除で資格が取れるのです。

 

2位:絵画インストラクター

絵画インストラクターの資格について認定するのは、日本インストラクター技術協会です。

 

絵画インストラクターとは、スケッチ、デッサンに関する様々な技法、そして各種類の道具の的確な使用方法などの、技巧や専門的知識を持つ人が認定される資格のことです。

 

共通の趣味を持つ人々とのコミュニティの幅を広げることができます。雑誌やポスターの広告などのデザインにも取得した技術を役立てることができるでしょう。

 

信教育・通信講座のSARAスクールジャパンでは、デッサンアートの基本コース、プラチナコースが準備されており、デッサンの基礎知識や用具や実践的なことを学ぶことができます。

 

絵画インストラクター資格と鉛筆デッサンマスター資格の2つの資格の取得を目指します。SARAスクールジャパンで使用する教材はすべて完全オリジナルで、初心者でもわかりやすい内容で学びやすくなっています。

 

SARAスクールジャパンの講座は「輝ける女性部門第1位」、「美しくなれる通信教育部門第1位」などにも選ばれたことがあります。

 

やみくもに独学で学ぶよりも、こうした通信講座を活用する方が資格を早く取得できることでしょう。わからないことがあれば、プロの指導者に個別質問ができるようにもなっているので安心して受講できます。

 

一番オススメなのは「鉛筆デッサンマスター資格」

「鉛筆デッサンマスター資格」はオススメの資格
目の前にある物を鉛筆のみでデッサンすることができる
建築関係、インテリアメーカー、美術館などの業界の実務でも役立つ

「鉛筆デッサンマスター資格」は、デッサン技術やデッサンの理論を理解して色々な対象を描く技法をマスターした人が持つオススメの資格です。

 

資格について認定するのは、日本デザインプランナー協会という機關です。この試験には基本モチーフ、線、描く姿勢や位置、デッサン用具、デッサンの材料、木炭、鉛筆、描画材料、デッサンの基本要素、ぼかし用具、消し具、計測用具、デッサン用紙、光と影などが関係します。

 

人がたくさんいる試験会場は落ち着かない、圧倒されて本来の力が発揮できないという方もおいでになることでしょう。どうぞご安心ください。鉛筆デッサンマスター認定試験は在宅受験となっています。

 

受講料もそれほど高くはありません。10,000円(消費税込み)となっています。合格基準も過度に高くありません。

 

70%以上の評価で合格できます。受験資格も特にありません。受験資格が特にないというのは助かります。

 

例えば、実務経験などが必要となりますと、取得までに時間がかかりますし、それだけで面倒に感じてしまいます。でも、鉛筆デッサンマスターの取得には実務経験は不要です。気軽にトライすることができます。

 

申し込みはインターネットで行います。偶数月の20〜25日が試験期間です。そして答案の提出はその月の終わり頃までに返送することになります。

 

「鉛筆デッサンマスター資格」はなぜオススメなのでしょうか。この資格を取得することによって、目の前にある物を鉛筆のみでデッサンすることができるようになります。頭の中に描いたイメージを絵にする技術が身につくのです。

 

技術をいかして自宅やカルチャースクールで講師として仕事をすることができます。それだけでなく、漫画家、画家、ファッションメーカー、建築関係、インテリアメーカー、美術館などの業界の実務でも役立てられるでしょう。

 

もちろん、自分自身の趣味として、生活をより豊かにするためにこの資格を通して取得した技術を活用することもできます。

 

デッサン資格はこちら

 

まとめ

デッサンとは、鉛筆などで描いた絵を描くことです。対象物を観察して鉛筆デッサンしたり、イラストを描いていくのは難しく感じるかもしれませんが、デッサンの書き方を練習していくことが、上達する近道で基礎知識なのです。

 

デッサンが最初から上手に描ける人は本当に稀です。ですから、まず描いてみることです。できれば毎日、そして思いついた時にでもやってみるのです。

 

趣味の充実や実務でのスキルアップという観点から、資格取得に向けての勉強をする方もいらっしゃることでしょう。これはなかなか良い方法です。

 

資格取得という大きな目標ができると、取り組み方が前向きになります。

 

受験日や講座の受講期間などが決まっていれば、それに合わせて、今の時期、一日の間にどれ位勉強すべきか、どの時期までにどこまで終えるべきか、自分なりの里程標を定めて取り組むことができます。

 

そして、何よりデッサンを楽しむことが、鉛筆デッサンスキルを高める方法です。最初はイラスト系からデッサンしても良いので、鉛筆デッサンを楽しむことが大切です。

 

また、イラストは直線よりも曲線の方が多いですから、円を描けるように練習します。まず、小さい円で練習をしていき、慣れてきたら少しずつ大きな円を描いていきます。

 

そして、空間的な絵をデッサンするには、「パース」や「遠近法」、「陰影」ということを意識することによりデッサンが上達していき、鉛筆デッサンスキルが高まります

 

イラストの趣味に役立つ資格として、鉛筆デッサンマスター資格と絵画インストラクター資格を挙げることができます。

 

例えば、鉛筆デッサンマスター資格を取得できるなら、目の前にある物を鉛筆のみでデッサンすることができるようになります。頭の中に描いたイメージを絵にする技術が身につくのです。講師となったり、ファッションメーカー、建築関係、インテリアメーカーなどの業界の実務でも役立てられるでしょう。

 

この機会に、鉛筆デッサンマスター資格について検討してみませんか。充実した通信講座を活用することもできるでしょう。

更新履歴