イラストレーターになるには

イラストレーターとは

イラストレーターという職業があります。依頼された内容に沿って、イラストを描く仕事です。ポスター、カタログ、パンフレット、雑誌、書籍などに載せるイラストやキャラクターを描きます。依頼主が望むイメージのものを描くことが求められますので、打ち合わせなどが行われ、描いた作品を納品します。

 

フリーのイラストレーターは、依頼をもらい、打ち合わせし、イメージを作り、サンプルを提出し、制作に取りかかるという流れになります。修正があるなら修正し見てもらうことになります。どのように仕事をもらうかというと、知り合いを通じて仕事をもらったり、仕事紹介サイトなどに登録しておき、そこを通じて仕事がもらえることがあります。

 

イラスト力を高めるにはどうしたらいい?

イラストレーターは絵が好きな人にとって魅力的な仕事です。ただ当たり前のことですが、イラストレーターとして活躍するには当然総合的な画力が必要です。

 

絵の種類にはたくさんあって、イラストレーターは写実的な絵画とはまた違うものですが、やはり見たものをそのまま紙に写すように力は、描写力を高めてイラスト力も底上げするのに通じるものがあるでしょう。例えばデッサンによって物体などの形や厚みを正確に捉える力が養われれば、おのずとイラストのインスピレーションやスキルの向上も期待できるはずです。

 

デッサン力を高めるための資格講座

ではデッサン力を高めるにはどうしたら良いでしょうか?一つの良い方法はデッサン関連の資格取得を目指して勉強を重ねてみる事です。といっても別に絵画教室に通うわけではなく、通信講座などを使った気軽な方法でもかまいません。

 

例えば諒設計アーキテクトラーニングという通信講座スクールがありますが、講座の一つに「鉛筆デッサンマスターW資格取得講座」というものがあります。この講座は「鉛筆デッサンマスター」と「絵画インストラクター」という2つのデッサン関連の資格に対応した講座です。この講座を通して、デッサンの理論や技術、スケッチの技法やツールの正確な使用方法に関する知識を深める事が可能です。自宅で学べる講座ですので、気軽なスキルアップ方法としておすすめです。

 

まとめ

イラストレーターを目指す人は世の中にたくさんいると思います。プロとして確立したい人もいれば、趣味としての実力を伸ばしたい人もいるでしょう。いずれにしてもイラストレート力を伸ばすには様々な要素が関係してきます。

 

センスもありますし、デッサン力なども関連する要素としてあげられるでしょう。紹介した資格や、それに対応している通信講座などを活用して、総合的な画力を伸ばすなら、深みのあるイラストを描くのに役立つ事でしょう。

関連ページ

鉛筆デッサンマスター資格を取るには
「鉛筆デッサンマスター」とは、鉛筆を使って絵を描く人のことです。目の前にある物や商品を、鉛筆のみでデッサンすることができます。頭の中で描いたイメージを、絵に具体化でき、デッサンに関する知識、技術を身につけています。
人や物の本質を理解して描こう
デッサンのモチーフになるものとして、人物や生物があります。多くの人は、たくさんデッサンして上達を目指しておられます。よく言われることとして、デッサンを上達させたいなら、よく観察するようにということばがあります。
絵のスキルアップに欠かせない技術
絵をスキルアップさせるためには、独学よりも、プロの技術を習得できる各講座がおすすめです。絵のスキルアップに欠かせない技術を学んで、上達を目指しましょう。
デッサン初心者に多い初歩的なミス
デッサンがお好きな方は、多いと思います。デッサン初心者は、なかなか上達しないと落ち込んで、やがて描かなくなってしまうかもしれません。せっかく道具をお持ちなら、色々と描いてみましょう。初心者がしてしまう、初歩的なミスとはどんなことでしょうか。よくあるのは、全体の構図が取れないことかもしれません。バランスが悪いこともあるでしょう。とはいえ、デッサンに関する基礎がなければ、仕方のないことです。デッサンを、基礎から学んでみられるのはいかがですか?