人や物の本質を理解して描こう

デッサンで大切なこと

デッサンのモチーフになるものとして、人物や生物があります。多くの人は、たくさんデッサンして上達を目指しておられます。よく言われることとして、デッサンを上達させたいなら、よく観察するようにということばがあります。

 

モチーフとなっているものの本質を理解し、背景を読み取ったり、食べ物であれば、味はどうなのか、甘いのか、酸っぱいのかなど、その点に意識を集中させてみることもできるでしょう。感性を磨き、観察する気持ちを養っていきましょう。デッサンの技術を向上させる点で、役立つ講座があります。

 

デッサンの資格について

デッサンをするうえで、モチーフとなるものの本質を理解することが大切です。デッサンを本格的に学び、上達したいという方は、「鉛筆デッサンマスター」という資格講座を受講してみるのはいがでしょうか。色々なものを描きたいという気持ちを持っているなら、すぐに上達し、上手く描ける人になれます。通信講座ですから、自宅で簡単にデッサンの技術を2ヶ月ほどでマスターすることができます。自宅で、毎日都合の良い時にデッサンし、スキルを身につけることができます。

 

講座では、デッサンの基本はもちろんのこと、観察眼を養い、役立つことを学んでいきます。受講者は初心者ですから、最初は簡単な内容でデッサンの技術を習得してくことができます。そして、段階的にステップアップしていきます。「鉛筆デッサンマスター」としての資格を取得するなら、自宅で教室を開いたり、カルチャースクールで講師として仕事をすることもできます。

 

「絵画インストラクター」の講座もおすすめ

他にも、「絵画インストラクター」という、デッサンやスケッチなど、様々な技法や各種類の道具の用い方、専門的知識、技巧を学ぶことができる講座もおすすめです。今よりもっと上手に絵が描けるようになりたい方は、専門的な知識・技法を学ぶことができます。

 

モチーフとなるものの特徴をとらえ、デッサンしていくので、集中力がしっかりと身につきますし、精神的なバランスをとることもできます。資格を取得すると、自宅、また、カルチャースクールなどで講師として活動することができます。

 

まとめ

デッサンでは、様々なものをモチーフにして描きます。本質を理解したうえで描くことはとても大切なことです。その点で、「鉛筆デッサンマスター」や、「絵画インストラクター」の講座で学ぶ内容が役立ちます。

 

興味のある方は、ぜひ、受講してみませんか。資格を取得するなら、好きなことを活かして仕事にすることもできます。

関連ページ

鉛筆デッサンマスター資格を取るには
「鉛筆デッサンマスター」とは、鉛筆を使って絵を描く人のことです。目の前にある物や商品を、鉛筆のみでデッサンすることができます。頭の中で描いたイメージを、絵に具体化でき、デッサンに関する知識、技術を身につけています。
イラストレーターになるには
イラストレーターという職業があります。依頼された内容に沿って、イラストを描く仕事です。ポスター、カタログ、パンフレット、雑誌、書籍などに載せるイラストやキャラクターを描きます。依頼主が望むイメージのものを描くことが求められますので、打ち合わせなどが行われ、描いた作品を納品します。
絵のスキルアップに欠かせない技術
絵をスキルアップさせるためには、独学よりも、プロの技術を習得できる各講座がおすすめです。絵のスキルアップに欠かせない技術を学んで、上達を目指しましょう。
デッサン初心者に多い初歩的なミス
デッサンがお好きな方は、多いと思います。デッサン初心者は、なかなか上達しないと落ち込んで、やがて描かなくなってしまうかもしれません。せっかく道具をお持ちなら、色々と描いてみましょう。初心者がしてしまう、初歩的なミスとはどんなことでしょうか。よくあるのは、全体の構図が取れないことかもしれません。バランスが悪いこともあるでしょう。とはいえ、デッサンに関する基礎がなければ、仕方のないことです。デッサンを、基礎から学んでみられるのはいかがですか?